11月15日   勝楽寺佛蔵院

まえがき、山口貯水池に水没した地域は、山口郷勝楽寺村と上山口といい、勝楽寺は,刈谷戸、神門、北入、中笠と大笠、上山口の堀口と、六つの集落に構成され、狭山丘陵の谷の奥まった所に広がり、自然に満ちた所だつたようです。先日紹介した天満宮は正式には「堀口天満宮」です、現在の場所も上山口ですので湖底に沈む難を避けられたものと思われます。

015仏蔵院_1

昭和の初めに下山口に移転(現在地 下山口駅 北5分)

013仏蔵院_1012仏蔵院勝楽寺_1

014_1 仏蔵院016仏蔵院_1

追記 頭の回転が悪い時ってあるんですね、昨日投稿しようと思ったのですが内容がまとまらず一日ずれ込んでしまいました。

急にお寺ばかり巡り歩いているので家内があきれてます、それにしても近くにこれ程沢山のお寺や神社が有るとはビックリです。

210_11_16  naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

11月15日   勝楽寺佛蔵院 への1件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    コメントを記入していたら、途中で消えてしまいました。どこに消えたのやら?
    書き直します。狭山丘陵の東側に寺院が多いのは、歴史の重みでしょうね。古代の東山道武蔵路に始まり、中世の鎌倉街道。江戸になると「川越藩」の存在も関係しているかも知れません。端村(羽村)は貧乏村だったので、寺は少ないです。あきる野・五日市は面積も広いので、名刹も結構あります。ここはそのうち横山さんが紹介してくださることを期待して・・・・私は、秩父霊場のあと、青梅を歩いて見ましょうかね。(爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中