11月18日  来迎寺

勝光寺の東へ150~200m行った場所に来迎寺がありましす。こんな近くに2つのお寺が出来ていて檀家はどう区分されているのか?下衆の勘ぐりですが気になります、旧制度で埋葬されるお寺まで身分区分けされていたのでしょうか・・・?こんな事を考えてしまうぐらい質素なお寺でした。山門は閉ざされていて境内に入る事が出来ず、塀の壊れた所から境内の一部を写しました。(改装中かも・・・。)下の写真は来迎寺を探して道に迷い入り込んだ場所です。表の街道沿いは人家が建ち並んでいますが、路地を100mも入ればこのような昔の風景に出会えます。

09-来迎寺_1

山門と境内、奥の方に墓地が有るように見受けられました。墓地の入口は別の場所に有るのかも。

06-来迎寺_107-来迎寺_1

説明板

08-来迎寺_1

お寺を外観で評価する事は出来ないですが、勝光寺が近すぎてつい比較してしまいます。ごめんなさい。

2010_11_18    naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

11月18日  来迎寺 への2件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    ちょっと調べて見ましたが、来迎禅寺には1256年の板碑がありますね。一方勝光寺は1278年に作られています。推測ですが、禅寺のほうは、北条時頼の頃でしょう。時頼は道元から禅を学んでいますので「曹洞宗」の影響を受けた寺だったかも知れません。しかし、時代の流れで、臨済宗に移っていったのでしょう。
    勝光寺は、少し遅れた北条時宗の時代で、時宗は臨済宗の祖師を招いていますから、この寺は純正「臨済宗」かな? 現在、勝光寺は「臨済宗妙心寺派」に属し、「来迎禅寺」は「臨済宗系単立」と分類されていました「臨済宗の系統ではあるが、どの派にも属していない」ということです。「来迎禅寺」という系統の名前は、記憶のどこかに残っています・・・全く別の場所だと思います・・・ゆっくり調べてみます。(爺)

    いいね

    • naohiko tajima より:

      所沢市・寺一覧にはただ単立と記されていましたので 単純に宗派に属さない
      お寺なのだと思っていました。検索したウイキペディアによると寺・神社が単立
      の立場をとる理由が記されていました。有難う御座いました。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中