12月2日  野山北・六道山公園

滝の入不動尊よりさらに西は、三ツ木、岸、の部落となります。地図で確認すると、この辺にも寺社の印が点在していて、散策距離5km内で6ヶ所巡れると 地図上では計測出来たので行ってみました。 車の駐車出来るポイントを武蔵村山運動公園に設定し出発。 ガラガラだろうとの予測は見事にはずれ、100台は駐車出来そうな広い駐車スペースは満車状態・・・。車は沢山停まっているが人影は見当たらない、整備された広いグランドにも人の気配なし。どうなっているのか不思議です。 あきらめて帰ろうと出口向かう途中で、ひょこひょこと面白い歩き方の爺ちゃんが、「ヨウ停められねえか俺出るるからよ、ついて来な」と声を掛けてくれた、。ありがたや、ありがたや。やっと車を停めて歩き出す、今日はちゃんと地図持参で万全の態勢のつもりで歩き出す。地図には運動公園のすぐ近くの丘陵中腹に熊野神社があると印されているが一向に見つからない丘陵の周辺をあちこち探したが結局分からずパスして禅昌寺、須賀神社へ、途中で会ったお年寄りに禅昌寺の場所を訊ねると「何しにいくだ」、写真とるなら寺の先に古い民家が出来てるで其処の方が綺麗だでと教えてくれた。せっかく教えてもらったのだからと其方に向かう。ありました、ありました萱原の向こう古民家、この風景にはドンピシャです。贅沢をいえば新しすぎるかなー。 東京都の公園は何処へ行ってもセンス良く手入れされていて感心します、埼玉はやはり一寸ダサイタマかなー、県民としては残念ですが。

武蔵村山・三ッ木0042_1

母屋の説明 移築ではなく新築・・・なんでだろーなんでだろー。 広い庭に竹箒で掃いた跡が綺麗についていてその上を歩くのが申し訳ないほどです。

野山・六道山公園0008_1武蔵村山・三ッ木0044_1

この場所は野山北・六道山公園と表示がありましたので、かたくりの湯に隣接した野山北・六道山公園の飛び地かな・・・それとも丘陵で繋がってるのかな。公園を一廻りして3Km位なので散歩するには丁度よい距離だと思いました。今度は公園散策に絞って来てみる事にします。

武蔵村山・三ッ木0062_1武蔵村山・三ッ木0065_1

古民家の北東より写す。紅葉がとても綺麗でしたが写真では一寸出しきれませんでした。

野山・六道山公園0005_1

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

12月2日  野山北・六道山公園 への2件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    「里山民家」良い場所ですね。この家は、東大和市にあった江戸時代製造の「宮鍋家」がモデルだそうです。民家の裏は水田が復元されていて、古代米など数種類の米が作られるそうです。この付近、里山の野草の花を写すのにも良い場所とのことでした。(爺)

    いいね

  2. naohiko tajima より:

    「里山民家」写して来た写真を整理している時に画面を覗いた家内が連れて行けとの
    ご神託あり、翌日もう一度行って来ました。今度は歩かずに公園の駐車スペースに直行
    です。途中の道が狭く前から車が来ないかヒヤヒヤします。今日は時間に余裕が有ったので
    水田を見て来ました。春先に野草が咲いてくれると綺麗だろうなと思いました。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中