12月3日  禅昌寺

近くの神社、仏閣を巡り歩いて二か月が経過しました。特別な信仰心が めばえた訳ではありませんが、散策する時に目標を決めておいた方が歩きやすいこと。寺社に設置されている説明板(解説や案内)を見て昔の集落の分布と 現在を比較したり、散策の途中で思いがけない景色に出会ったりが楽しいためです。   同じコースを毎日歩くスポーツ的散歩はまだ苦手です。  (  禅昌寺は一部改修中のようです、完成すれば綺麗になるでしよう。 丘陵の斜面が墓地になっています。 )岸清山禅昌寺は、臨済宗建長寺派の禅寺で、室町時代の正長元年(1428年)恵山和尚によって開山されたと伝えられています。

コピー (1) ~ 武蔵村山・三ッ木0069

石柱に臨済宗 建長寺派と刻まれています。 山門の正面。               説明書き

コピー (1) ~ 武蔵村山・三ッ木0009武蔵村山・三ッ木0013_1コピー (1) ~ 武蔵村山・三ッ木0015  

観音堂、狭山二十四番札所。       鐘楼。                                                                  

T 武蔵村山・三ッ木0017コピー (1) ~ 武蔵村山・三ッ木0011 

境内に「少飛の塔」が建てられています。(陸軍少年飛行兵慰霊塔)写真添付無し。

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

12月3日  禅昌寺 への1件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    禅昌寺から西は、寺も減るでしょう? 殿ヶ谷、石畑・・羽村とだんだん貧しくなって行きますからね。明日の私のブログに出てきますが、天明の打ち毀し騒動、このあたりの住人も加わっているのです。(爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中