12月29日  妙善院

今日は狭山33観音霊場第33番札所「光輪山妙善院」を訪ねる散歩です。山口貯水池北側の駐車場からスタート、八幡神社ー稲荷神社ー妙禅寺と歩いて、帰路は少し遠回りになりますが、慈眼寺ー宝玉院を回って来ました。歩数約1万歩、距離で6キロです。 貯水池を囲む丘陵を下って谷筋を抜け、次の丘に登りつめた所が「三ヶ島八幡神社」です。広い境内は綺麗に掃除されていて気分爽快、神社前の畑で落葉焚きをしていて枯葉のいぶりが心地よい匂い(香り?)を届けてくれます。郊外散歩の嬉しい出会いでした。

三ヶ島の寺社0084_1_1

後輪山妙善寺山門。       山門。改築されたものでしょうが、がっしりした造りの山門です。

三ヶ島の寺社0027_1三ヶ島の寺社0030_1_1

仁王門。

三ヶ島の寺社0032_1

仁王さま。左     仁王さま。右 金網で囲まれていて写真が写しにくい、誰かがこじ開けた穴からパチリ。

三ヶ島の寺社0035_1三ヶ島の寺社0041_1

仁王門をくぐると観音菩薩が迎えてくれます。背景の建物は本堂と庫裏、中間に広場があり保育園の園児が大勢で遊んでいます。写真を撮っていると,一人二人三人と集まって来て何を写してるのか?どうして、何での質問が次々と出て来ます。5~6人の子供と無邪気な会話を交わすのは此方も無邪気になれて楽しかった。少し離れた場所から保育士さんが注意深く此方を見ていたので、余計な心配をかけないように早々に立ち去りました。そんな事があって墓地内にあると思われる、五輪の塔は見つけられず退散してしまいました。

三ヶ島の寺社0056_1

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

12月29日  妙善院 への3件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    アングルのせいかもしれませんが、丸顔の仁王様ですね。石像は慈母観音のようですね。幼稚園にふさわしい! そう思って仁王様を見直すと、「だめよ!」とか「いたずらすると、拳骨だぞ!」と子供を叱りそうな感じです。(爺)

    いいね

  2. 田島直彦 より:

    仁王様は武器を手に持たず、観音様は優しい顔だなーと思いました。

    いいね

  3. tkutsu より:

    靄のある写真しっとりとして結構です。 くつかけ

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中