12月30日  八幡神社・稲荷神社

丘の頂上に位置する八幡神社は境内に、広いグランドが整備されていて、明るく開放的な神社でした。この広場も数十年前までは鎮守森だったのでは?老人クラブのゲートボールやグランドゴルフをする広場が良いか、立派な鎮守の森を残すかは地元民の考えがあっての事でしょうから・・・。負担のない部外者としては森を残してほしかったかな。

三ヶ島の寺社0001

八幡神社入り口。社格の表示は無し。       説明板。

三ヶ島の寺社0005三ヶ島の寺社0011

狛犬。左  足元に子獅子。                       狛犬。右 足元に玉

三ヶ島の寺社0008三ヶ島の寺社0009

稲荷神社。此処にも広場が出来ています。    説明板。

三ヶ島の寺社0018三ヶ島の寺社0019

稲荷山寶玉院。 墓地を守る小さなお寺です、門の右奥に菩提樹の古木、天然記念物の表示あり。お寺の山号に???と思った方は、三ヶ島稲荷の説明板を拡大して、読んでください。

三ヶ島の寺社0065

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

12月30日  八幡神社・稲荷神社 への1件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    超複雑な稲荷山・・・いや稲荷神社ですね。元は、新井家の氏神様、多分この頃は「田の神」を祀ったものだったのではないでしょうか・・・それで伏見稲荷にお願いして「五穀の守護神」に来ていただいた・・・・この祭神は古事記にも日本書紀にも登場します(ただ、古事記では素戔嗚尊の子供、日本書紀では伊弉諾命の子供、となっているのが面白いです・・今知ったばかりの知識です)。 (爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中