1月16日 狭山33観音・14・15・番札所

14番札所 法珠寺 

このお寺は殺風景で面白味の無い寺です。正面左側に広い墓地がありますが樹木も少なく、、境内のほとんどはコンクリートで固められています。さらに地蔵様の周りにむき出しのブロックで、ぎりぎりまで詰めて囲いがされていてお地蔵様も窮屈そうです。六地蔵も同様にブロック囲いの中です。正福寺の末ならもう少し何とかならないものかと残念な気持ちで後にしました。合理的ではあるが・・・・?。歴史のあるお寺なのに。勝手に入り込んで文句を云うのは駄目ですね。

法珠寺0001_1法珠寺0002_1

説明板。                            ブロックに押し込まれたお地蔵様。

法珠寺0003_1法珠寺0004_1

15番札所 清水観音堂

こちらは緑色の網フェンスで囲われた観音堂、新築工事が始まっているようで仕方がないか。本尊は正観世音菩薩で、作者は行基と云われてます。へーと思ったのは寄付金のお願いのパンフレットを読んでのことです、16.5坪の建屋で一億円、寄付一口十万円・・・。興味ある方は拡大して見てください。完成は平成23年12月なのでどの様に変わるのか楽しみが出来ました。 檀家の負担を軽くして質素で合理的なものにするか?後生に残るそれなりのものにするかの判断は難しいものだなー。でも一坪6百万円は吃驚です。

廻り田不動尊・清水観音堂0002_1廻り田不動尊・清水観音堂0001_1

寄付金募集パンフレット。        砂の橋の石橋供養塔。良く理解出来ませんでした?。    

T 廻り田不動尊・清水観音堂0003_1廻り田不動尊・清水観音堂0005_1

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

1月16日 狭山33観音・14・15・番札所 への5件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    空堀川は昔、砂の川と呼ばれていたのですね。その所為でしょうか、砂橋という名称(地名にも成っているようです)の橋がものすごくあります。ちょっと調べた結果です・・中砂橋、下砂橋、上砂橋、新砂橋、上砂一の橋、上砂二の橋、中砂の川橋、砂の川橋、第二砂の川橋・・・この新砂橋の前に「砂橋」というのがあったのでしょうね。それが、看板に書かれて居る「砂橋」なのではないでしょうか (爺)

    いいね

  2. bokejii より:

    2013/10/19 調べたいことがあって、このブログを利用させてもらいましたが、妙なことを見付けました。14番のお寺、「法珠寺」と書かれていますが、「宝珠寺」ではないでしょうか? 私の地図ではそう書かれています。(木瓜爺)

    いいね

  3. bokejii より:

    2013/11/16 狭山公園の帰りに「清水観音堂」に寄ってみましたが、あまり変わっていないように見受けられました。屋根は再塗装したみたいで綺麗でしたが・・・。寄付金集まらなかったのかなあ?

    いいね

  4. ピンバック: 2013/11/28: 多摩湖周辺;木瓜爺撮歩72-04 清水・観音堂 (No.1788) | bokejii

  5. simizu より:

    浄財御寄進の掲示は、よくお読みになれば判ることですが、近くの「清水神社」建て替えのものです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中