1月18日 愛宕山園乗院Ⅰ

狭山丘陵の静かな山ひだの一角に建立された、愛宕山医王寺園乗院は、真言宗智山派に属する寺院であって、狭山薬師第三十四番及び武蔵野三十三はじめ観音第八番の札所でもある。ご本尊には不動明王を安置しその側に薬師如来をはじめ諸佛が安置されている。

01園乗院0004_1

鐘楼門。                          略歴説明板。

02園乗院0065_103園乗院0018

鐘楼門の左、仁王。               右、仁王。

04園乗院0014_105園乗院0015_1

佛足石。                      弘法大師像。

13園乗院0030_112園乗院0056_1

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

1月18日 愛宕山園乗院Ⅰ への2件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    狭山地方は仏足石を置いた寺が意外に多いですね。仏足石の後ろで何かを担いでいるのは誰? 似たような形の*王とか*天がいないかと仏像の参考書を見ましたが、こんなスタイルは見あたりませんでした。(爺)

    いいね

  2. ピンバック: 2015/10/14:青梅街道・武蔵大和駅付近;木瓜爺撮歩98-54 愛宕山 醫王寺 圓乗院 〔1〕 (No.2471) | 木瓜爺ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中