1月22日 称名寺・長福寺

どちらも時宗のお寺です。市街地のど真ん中にあるため,境内はあまり広くはありません。寛元3年(1245)、道阿上人一光大和尚開山の古刹。六孫王源経基が武蔵介の時の館址と伝えられている。

称名寺・長福寺001_1

六地蔵石憧。       一遍上人像。 境内工事中です。

称名寺・長福寺004_1    称名寺・長福寺006_1    称名寺・長福寺007_1

本堂。

称名寺・長福寺010_1

長福寺は門が閉ざされていて、一般人は入れませんでした。   正しくは古木山諏訪院長福寺。時宗遊行派(時宗)。 寺伝によれば、寛喜2年(1230)天台宗として創建した古刹で、開山は一遍上人で、はじめに勝福寺と称しました。其の後正応年間(1288-1292)に遊行二祖真教の武蔵国巡化の際に時宗遊行派に改まったといわれています。(府中観光協会資料による。)

称名寺・長福寺011_1   称名寺・長福寺013_1

街中風景。一之宮は児童公園のように改修されていましたので、立ち寄りせずに通り過ぎてしまいました。

府中高札場009_1   府中高札場010_1   府中高札場011_1

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

1月22日 称名寺・長福寺 への1件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    五日市駅と大悲願寺の間あたりに、正光寺という時宗のお寺があることが分かりました。そのうち出かけてみます。このあたり(あきる野、羽村)は、浄土宗のお寺がありません。浄土系は時宗が、散在しているだけのようです。(爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中