2月28日  川越 「本応寺」

見立寺を出て、新河岸川に沿って少し戻り、高沢橋を渡って対岸に(電柱の見える側)、何を勘違いしたのか川沿いに歩けど,お寺の屋根は見えても入り口が有りません?寺の塀が切れた所で間違いに気が付き,高沢橋まで逆戻りです。橋の道を直進して60m位の所に入り口が有りました。あーくたびれた。

011川越街風景021_1

本応寺入り口。仁王門が見えます、川越のお寺では初めてです。右の蔵造りの建物は「一切経蔵」です。火事に備えて大切な宝は蔵に入れたのかな?。

01本応寺007_1

仁王門。 左右の仁王様は金網の中で、良く見えません。

02本応寺001_1

金網にカメラを押しつけて無理やり写しました。肥満ぎみの仁王様ですかI愛嬌あるなー。

03本応寺002_1  04本応寺003_1

仁王門の中から本堂。

05本応寺004_1

墓碑の説明看板。

06本応寺005_1

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

2月28日  川越 「本応寺」 への1件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    感がくるって、四角形の三辺を歩いてしまうこともありますね(ナビはよくやりますけど)。日蓮宗のお寺にしてはまともなお寺だなあ・・・このところ日蓮宗に嫌われているので・・・仁王様、鎌倉時代型(運慶スタイル)ではないですね。メタボ型はもっと後かな? (爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中