4月11日  飯能 「諏訪八幡神社」

能仁寺まえの公園を横ぎり飯能郷土館を越すと諏訪八幡神社の裏門に出ました。正面入り口は名栗川沿いの街道にありました。山側から下って来たので正規の散策コースを逆行して歩いているようです。

諏訪八幡神社01_1  諏訪八幡神社03_1

諏訪八幡神社本殿。左右の狛犬と視線が合った所でパチリ。

諏訪八幡神社09_1

飯能恵比寿神社。                正一位丹生大明神。

諏訪八幡神社08_1  諏訪八幡神社15_1

武州飯能恵比寿大神縁起。背高の看板に細かい字で沢山書かれていて読むのに難渋します、作った方は余ほど背の高い人か・・・。

諏訪八幡神社04_1

丹生樹。説明板の文字が消えかけていて読めません。          丹生大明神の御神木。

諏訪八幡神社17_1  諏訪八幡神社18_1

石燈籠。                         神社入り口。

諏訪八幡神社19_1  諏訪八幡神社20_1

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

4月11日  飯能 「諏訪八幡神社」 への2件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    「丹生」の文字に刺激されて、ちょっとネット調査・・・というのは、奥多摩町のどこかにあったという潜在意識です・・・古里に丹三郎という地名(同じなのソバ屋もあるけど)の場所がありますが、ここに「丹生神社」がありました。ほかに、小丹波のほうにもあるようです。もともと、「朱砂」(硫化水銀)の鉱脈がある場所が「丹生(にう)」と呼ばれたようです。「朱砂」は朱色の顔料であり、生成すると水銀がとれるという鉱物です。これを採掘することを生業とした一族(外来の一族のようです)が祀る神が「丹生都姫神(都比売乃命)」、紀州一ノ宮で「官弊大社」であった「丹生神社」 がおおもとのようです。(爺)

    いいね

  2. ピンバック: 2015/04/30: 奥武蔵散歩;木瓜爺撮歩08-09 諏訪八幡神社と様々な境内社 (No.2305) | 木瓜爺ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中