5月20日 榛名神社 「双龍門」

矢立杉から階段が続き 神幸殿を過ぎると神門と双竜門が、大岩の間に見えて来ました。

榛名神社048_1_1

神門を潜ると社務所に入ります。此処にトイレと喫煙場所が有ったと思います。階段を登って来ると息がはずみ 煙草を吸う気にはなれなかったので記憶が曖昧です。(原則、寺社内禁煙です。)

榛名神社050_1_1

社務所の前から見た双龍門、さらに上から見た門の屋根と巨大な岩。実際の階段は急なのですが、写真ではその感じが出ていませんねー。背景の岩を入れようとしてカメラを あおっている為でしょうか? (本来は御唐門)。天井絵に昇り龍、降り龍の水墨画が描かれていることから、いつしかその呼び名が定着しました。安政2年(1855)の造営。

榛名神社059_1_1 榛名神社058_1_1 榛名神社109_1_1

双龍門正面。天井に龍が描かれていたようにも思いますが写し忘れてしまいました。

榛名神社060_1_1

扉の降り龍。 扉の昇り龍。

榛名神社067_1_1 榛名神社062_1_1 榛名神社068_1_1

双龍門正面。長年の風雪に耐えて来た為なのか、木肌が白くなっていて、風格を高めています。

榛名神社064_1_1

双龍門の屋根。

榛名神社108_1_1

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

5月20日 榛名神社 「双龍門」 への1件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    冒頭の大岩の間を抜けて行く写真、こういうのをみると、建築のときの材木運びは大変だったろうなあ・・・・と考えるのは、やっぱり工学系の習性でしょうかね。
    それはとにかく、榛名神社のスケールがよく分かりました。ありがとうございました。(爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中