5月23日 石段温泉街と「伊香保神社」

365段あるといわれている階段温泉街の最上部に「伊香保神社」があるようです。あいにく雨が降って来ましたが上がってみる事にします。

IMG_0051

石段街の説明はお手数ですが画像をクリックしてお読みください。

IMG_0002 IMG_0047

石段温泉街のスタート地点(一番下の場所)。 中間地点から下を見る。源泉が何処なのか分かりませが温泉の湯は上から下に流れるのでしょうから 下の方は冷めてしまわないのかな?どうでも良い事を考えながら 雨の中を左手に傘、右手にG9を持ってひたすら階段を上がります。上り始めの100段までは何とか数えられたのですが、写真を撮ったり他の事に気がゆくと数を忘れてしまいます。365段だと云われてるのだから信じることにして、確認はあきらめます。

IMG_0013

ようやく鳥居が見えて来ました、ここも鳥居が2本あります。どの様な訳?理由があるのかな?お稲荷さんは、信者が奉納した赤い鳥居が何十本もありますが・・・。鳥居の前で狛犬がむかえてくれます。石段の連続は膝に来ますねー。下りは滑らないように気を付けないと危なそうです。

IMG_0020 IMG_0021

伊香保神社略記。             神社正面。

IMG_0025 IMG_0026

神社神殿。  神社裏の見晴らし。フエンスに露店風呂・飲泉所の表示があるので源泉は此の近くなのかもしれませんが、雨の中さらに350m歩くのはしんどくなって あきらめます。

下手な説明文と雑多な写真を長々と連載して恐縮です。辛抱強く見て頂き有難うございました。榛名・伊香保編は今回で終了です。 naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

5月23日 石段温泉街と「伊香保神社」 への1件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    伊香保神社の祭神、おおあなむちのみこと(大己貴命)は「大国主命」の異名と言われています。そして、少彦名命は「こびと」で、神産巣日神(かみむすびのみこと)の指から生まれ、大国主命の弟にしてやってくれ、と頼まれた義弟です。なぜこの二柱が祭神になったのかは聞きそびれましたが・・・
     伊香保の源泉は、小さなガラスドームの中にあったと思います。作り物めいて、自然愛好派としては、がっかりするでしょう。
     榛名冨士の山麓には、白岩観音(長谷寺・・ちょうこくじ と読むそうです)がありましたね。板東霊場15番、つまり水澤寺の一つ前です。次の機会には寄ってみたいです。
    ともあれ、良い旅になったようで、良かった良かった。(爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中