9月30日 「美ヶ原-王ヶ頭」

金婚旅行Ⅱを実行するために、週間天気予報をチェック、9月28日の天気晴れだったので王ヶ頭ホテルを電話予約する。花の季節は過ぎ、紅葉には早すぎる狭間のためか、いつも満室で断念していたホテルがOKです。ラッキー。

28日朝8時所沢出発ー入間IC-圏央道ー中央道ー岡谷ICー国道142号で和田峠ービーナスラインー扉峠ー山本小屋ー此処から先は自家用車通行禁止です。歩くか迎えの専用バスを待つことになります。

IMG_0021

扉峠からの展望。中央奥の山は物見石山、左手前は茶臼山、その脇にビーナスラインが伸びています。八ヶ岳方向の展望、中央に富士山が見えるはずですが雲に遮られて確認できません。

IMG_0022

山本小屋に到着、駐車場に車を停めてトイレへ、入り口に大きな賽銭箱みたいな木の箱が通せんぼしてます。使用料金百円也と大書きされた表示あり・・もっと手前の茶店のトイレも有料だった事を思い出す。前立腺肥大で治療薬を飲んでいる身には一寸きつい場所です。大小無関係で百円は・・・。迎えのバスは15時でまだ1時間半はあります。我慢出来そうもないので百円で小便するがチョロチョロしか出ないなー。( 尾篭な話でごめんなさい。 )

美ヶ原-王ヶ頭001_1 美ヶ原-王ヶ頭013_1

バスの時間待ちの間に牛伏山へ上る。案内看板には5分と表示されていましたが、鈍った身体で長距離運転の後だけに、足が思うように進まない。石ころだらけの登山道を運転用のウオーキング靴で歩き出したのが間違いの元だ面倒がらず持参した登山靴に履き替えるべきだったと後悔しても後の祭りです。登山道脇に僅かに残っていたマツムシ草や他の花はすでに葉を枯らしてドライフラワー状態です。気温は20度ぐらいでしょうか、じっと立ち止まっていると寒く感じますが、日差しが強く顔や露出した肌はじりじりと熱く、変な感じです。ようやく頂上が見えて来ました、遠くに見える山は蓼科山その右奥は八ヶ岳でしょうか。頂上で持参したお握りで昼食をとりお茶を飲みたいのですがほんの少しで我慢します。山ではタチション御免だった昔が懐かしい。

IMG_0047

IMG_0048_1

北アルプスの眺望。

IMG_0068

王ヶ頭の夕景。気温が急速に下がり、手がかじかんで来ます。

美ヶ原-王ヶ頭132

日の出。朝の気温はさらに下がり、草原には薄く霜が降りているように見えます。手袋をして長袖の下着にセーターその上に防風コートで散策です。

美ヶ原-王ヶ頭115

美ヶ原-王ヶ頭166  美ヶ原-王ヶ頭067

美ヶ原-王ヶ頭061  美ヶ原-王ヶ頭184

木曾御嶽神社の分社。松本市の信者が奉納された由。( 松本から木曾御嶽山は見えないため、松本から見える王ヶ頭に、分社して拝んでいるとのことです。)

美ヶ原-王ヶ頭157_1

メモ:村岡さんが指摘されていたように此の季節になると、山野草の花はほとんど枯れていて、周囲の山並みを眺めるだけでした。写真を撮る目的で250キロもの遠方へ出かけるのは少しもったいない様な気もします。高ボッチ高原も岡谷から山道を上るので、似たような感じがしますが・・・?諏訪湖周辺の諏訪神社上社、下社と高ボッチ高原を日帰りでこなすのは車に乗っている時間が長く、高齢者にはきつ過ぎるのではと実感しました。土壇場でこんな事を言って申し訳ありませんが、もう少し近い所に変更するか、諏訪湖温泉にでも1泊した方が安全だと思いますが。

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

9月30日 「美ヶ原-王ヶ頭」 への1件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    3000mの御嶽山山頂、夜は-5℃だったそうです。王が頭でも、3,4℃になっていたかも知れませんね。
    高ボッチちょっと遠いですかね。再検討しましょうか。このブログを読んだ皆さんが、意見を出してくださるとよいのですが。(爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中