10月15日 伊豆長岡 「葛城山」

田無小学校で3年間同級生だった仲間( 「ダルマ会」 七転び八起きの意味で名付けたと言われてまいすが、小学生が考えたにしては何か胡散臭いです。仲間同士では、手も足も出ないと揶揄する奴もいます。) 総勢12名で伊豆長岡ー大仁ー修善寺へ1泊2日の旅行をしてきました。IMG_0012

葛城山へ登るロープウエー乗り場。

IMG_0015

ゴンドラの中から温泉街の眺め。

IMG_0017_1

田んぼの中にロープウエイの鉄塔が建っていて、田んぼを真上から見る事が出来ました。実った稲が、風に揺られて、さまざまな模様に変化するさまが綺麗です。

IMG_0023 IMG_0041_1

山頂に建てられていた葛城山神社。能書きがありましたが怪しい感じです、ロープウエイを建設した会社が観光用に建てたものかな?。

IMG_0028_1 IMG_0031_1

山頂付近の遊歩道にあった「導き地蔵」。

IMG_0022

山頂展望台付近の眺め。眼下の海は駿河湾、左の小島は淡島。富士山はうす雲に隠れて見えません。標高410m位の山ですが、海に近く、周りに高い山も無いためか高度を感じます。スカイツリーより200mも低い山なのに・・・。                naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

10月15日 伊豆長岡 「葛城山」 への2件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    2009年12月2日に、老人クラブの研修旅行で、この葛城山に寄りました。下のレストランで昼食と記念撮影。そのとき、研修材料の一つで、葛城神社を調べた事があります。もともとあった葛城神社は、麓の小坂神社と言うところに合祀されています。現存するのは、観光の目玉?用に新しく作ったのものです(地元の再建希望もあったようです)。なお、葛城山というのは、大和葛城山、和泉葛城山が有名で、どちらかが(金剛山脈にある大和葛城山だろうと推定します)、役行者のような、山岳修験者の道場に使われていたことが知られています。ややこしいのは、葛城神社という名前の神社の祭神がいろいろあることでした。何が主神なのか特定できないで、放り出してしまいました。
    12/2に行ったときは、紅葉の真っ盛り(?)でした。だいぶ風景が違うなあ・・と、思いました。(爺)

    いいね

  2. kzmuraoka より:

    追伸:書き忘れました。合祀にされた元の葛城神社は、延喜式神名帳に載っているちゃんとした神社だったようです。祭神は「萬幡豊秋津師比売命」 なんとよむのでしょうね? (爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中