10月17日 修善寺の 「修禅寺」 追加

コメントいただいて疑問が解けました。お寺の額には修禅寺と表記されていても、あまり深く考えませんでした。ブログに載せなかった写真添付します。

IMG_0061

外国人観光客向けの表示看板と思ってましたが、日本人にも必要でした。地名と寺名の表記がなぜ異なっているのか、日本語で解説表記してほしいな。有名観光地のお寺はシーズンオフが良いのですね、紅葉の時期が良いと思いましたが、納得です。

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

10月17日 修善寺の 「修禅寺」 追加 への1件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    いろいろ調べると、空海が開山した当時の地名は「桂谷」だったようで、「桂谷山寺」と呼ばれていたと書かれていますね。それが鎌倉時代に入って、蘭溪道隆の臨済宗になると、海外にも「修禅寺」の名前で紹介されるようになり、地名の方も有名になった「修禅寺」にあやかって「修善寺」としたようです。同じ「しゅぜんじ」の音で文字をかえて区別したようです。これも、老人クラブの研修成果?(爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中