10月27日 曹洞宗 「武野山吉祥院」

快晴です。家に閉じこもっていてはもったいないと思いつつも、出かける当てもなく庭の草取りをしていたら、娘から最近開店したピザ屋に昼食を食べに行こうとの誘いあり、誘いに乗り出かけます。1週間位前にも行ったのですが、大混雑で1時間待ちで諦めた店です。そのときにお寺が裏に有ることに気が付きましたが、カメラを忘れ撮影出来なかったので、今日はしっかりS90をポケットに押し込んでいきます。下の写真は吉祥院門前からです。入り口の左右に石柱が建てられていていますが、車道に出ないと駄目なので諦めます。門を少し入った左右に石仏が向い合せに置かれ迎えてくれます。さらに奥の左のトンガリ屋根はピザレストランです。

001-吉祥院050_1

002-吉祥院054_1 吉祥院051_1 003- 吉祥院053_1

左石仏、観音菩薩でしょうか。石柱門脇の石碑(読めません)。右石仏,お地蔵さまかな。

004-吉祥院052_1

説明板。250年前に建てられた、黒田直純の援助で建てられた由。飯能の能仁寺末寺?。詳しい内容は画像クリックしてお読みください。

005-吉祥院055_1

山門と鐘楼。四万二千坪の土地を拝領して・・・。凄い広さですが、現在はかなり狭くなっているようです。250年もの昔は、武蔵野台地の西端に位置し狭山丘陵に接する原野だったのではと思われます。近くに小手指ヶ原古戦場跡などもありますので。

006-吉祥院057_1

山門。

007-吉祥院058_1

境内と本堂。

008-吉祥院060_1

鐘楼と本堂。背後の森は寺領でしょうか?時間切れで確認出来ません。

009-吉祥院061_1 

010-吉祥院065_1  011-吉祥院066_1

木鼻。昭和48年に再建された時に造られた彫刻のようで、迫力不足です。

012-吉祥院068_1  013-吉祥院049_1

墓地と裏の森。  ピザレストラン。中年女性客が圧倒的に多いです。

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

10月27日 曹洞宗 「武野山吉祥院」 への1件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    読めない石碑、多分「馬頭観音」でしょう。下の方が良く分かりませんが・・・爺流判読です。(木瓜爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中