1月20日 「慈恩寺」散策

はじめの計画では、此処から二つ先の豊春駅で下車して往復する道順でしたが、天満宮と毘沙門堂も見たいと思い、前の日にコース変更をしました。話が脱線しますが、岩槻駅周辺にお寺や神社が点在していて、散策コース4~5キロで5ヶ所位は回れそうです。岩槻城跡を含めて再度訪ねてみようと思ってます。朝日自動車バス停から岩槻駅。

S90001_1

天満宮。広い更地の真ん中に粗末な社。 毘沙門天霊場の石碑。

S90003_1 S90004_1

毘沙門天堂再建之碑。碑文を読んでみると,部落の方々の負担が大変だったのだろうと歴史的遺産を残して置くことがいかに難しい事か理解出来ました。文句を言っては申し訳ないです。

S90006_1 S90007_1

慈恩寺観音山門。日光街道からの道は山門正面に突き当たり右に曲がってます。山門を潜って左手は墓地で、墓地内から整理されたと思われる石像が沢山並べられています。

慈恩寺032_1 慈恩寺033_1慈恩寺036_1 慈恩寺034_1

墓地入り口前の六地蔵。このお地蔵様も八頭身、スラリとしたお姿です。

慈恩寺037_1

慈恩寺観音を後に玄奘三蔵塔へ向かいます。高圧送電線が景観の邪魔をしてます。

S90010_1

野辺の石像。畑の脇にぽつんと佇むお地蔵さん、よい感じでした。

慈恩寺044_1

慈恩寺045_1

慈恩寺046_1

慈恩寺047_1

玄奘三蔵像。   十三重塔。    敷地内に置かれていた丸太の彫刻。意味不明です。           

慈恩寺052_1 慈恩寺055_1 慈恩寺050_1

豊春駅へ向かう途中田んぼ道で迷ってしまい30分以上もうろついたあげく、また元の三蔵塔に戻ってしまいました、脳内GPSがかなり狂ってきたようです。石に腰かけてまず一服、地図を見直して帰り道を再確認して歩き出します、昼飯の時間はとっくに過ぎて、13:15腹減ったー。しばらく歩くと徳力三社神社がありました。この社も地元民だけでは守りきれないのか、かなり荒れています。説明板はガラスの反射で読みにくいですが、拡大して読んでみてください。

S90012_1

S90013_1 S90011_1

当初の計画では、歩数1万歩以内の予定だったのですが、道に迷った為に1万6千歩になってしまった。

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

1月20日 「慈恩寺」散策 への2件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    16000歩は大進歩? 時には迷子になるのも健康に良いようですね。 野辺のお地蔵様、見る事が少なくなっていますが、巡り会えると何故かほっとします。玄奘塔のそばの木像、どなたでしょうね・・・ちょっとインターネット情報をあさってみましたが、触れている記事には逢えませんでした。(爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中