10月4日 坂東33観音5番 「飯泉山勝福寺」

小田原駅から北へ3キロ,酒匂川に架かるい飯泉橋を渡りきってさらに0.5キロでしょう勝福寺です。バスの利用も可能ですが、1時間に1本くらいです。タクシーで1500円でした。

001_1

彫物などの飾りはありませんが、どっしりとした落着きをかんじます。

003-飯泉観音095_1

仁王像は金網と板囲いで写真は撮りにくいです。

006-飯泉観音099_1

004-飯泉観音096_1  005-飯泉観音097_1

舟形の手水場。

008-飯泉観音104_1

007-飯泉観音103_1 009-飯泉観音105_1

本堂。

010-飯泉観音106_1

011-飯泉観音098_1

象の木鼻が笑っている様にみえます。

0101-飯泉観音108_1  0103-飯泉観音111_1

境内の仏像。

012-飯泉観音100_1  017_1

015-飯泉観音110_1

大イチョウ。

014-CIMG2303_1

中央の木の枝が仏像のようにみえます。天に舞い上がる感じがして不思議な気持ちがします。

022-飯泉観音119_1

大イチョウの脇からみた本堂。

019-飯泉観音120_1

勝福寺(飯泉観音)と同じ境内に八幡神社があります。

020-飯泉観音117_1

社殿に近づいて撮影したかったのですが、お祭りの打ち合わせか?大勢の人が詰めていましたので、遠慮してしまいました。大鳥居には梯子が立てかけて有りましたのでカット。

021-飯泉観音116_1

naohiko tajima

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

10月4日 坂東33観音5番 「飯泉山勝福寺」 への1件のフィードバック

  1. kzmuraoka より:

    鑑真和上ゆかりの十一面観音を祀る飯泉観音、さすがに貫禄がありますね。大銀杏は、だいぶ枝を切られたようです。古い写真をみると、銀杏の黄葉時には、014のカメラの位置から、観音堂が見えない位です。「竜頭舟形水鉢」も面白い・・・江戸時代の相撲の興行はどこでやったのかなあ?神社との境目あたりでしょうか?  (爺)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中